blog index

ブログで人気・話題の情報

口コミで話題のものやランキングで人気なものなどについてお得な情報を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アメリカ渡航にはエスタ(ESTA)の事前申請が必要

2009年1月12日から、アメリカやハワイに渡航する際にはESTAによる事前渡航申請が必要となりました。
なんとエスタ(ESTA)申請をしていないとアメリカに入国することができません。ご存知でしたでしょうか?

エスタとは、アメリカ電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)のことです。

エスタの対象は、アメリカのビザ免除プログラムを利用して、航空機または船でアメリカに渡航するすべての渡航者で、ハワイやアラスカへの渡航も含まれます。ESTAによる渡航認証の有効期限は2年間になります。年齢などの制限はないので、乳幼児でも申請の必要があります。

エスタは、ビザ免除プログラムを利用して渡航する方が対象ですので、留学をする方はESTAの申請の必要はありません。また、渡航先がグアムやサイパンの場合は、グアムビザ免除プログラムを利用するためESTAの対象外です。
※グアムビザ免除プログラム: 日本など特定の国の人々がビザを取得しなくても観光や商用目的で最長で15日間滞在することができる制度です。

ESTAを事前申請するのはインターネット上から比較的簡単に行うことができます。WEBサイトはこちらです。 https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html
申請は家族や旅行会社が代行することもできます。

また、申請する時間は出発の72時間前までと米国国土安全保障省(DHS)は推奨していますが、実際には搭乗直前でも問題はないようです。(今後は厳しくなる可能性もありますのでご注意を)

   ⇒⇒⇒何かと便利なトラベルグッズの特集ページはこちらから


JUGEMテーマ:ハワイ

 

箱根温泉の人気旅館

関東で温泉の代表といえば、箱根温泉ですよね。
何度も足を運んだことのある箱根温泉ですが、実際旅館を探すとなると、意外と迷いませんか?
どうせ泊まるなら、人気旅館がイイですよね?

でも…どうやって箱根の人気旅館を調べたらよいの?
というあなたに、今日は、実際泊まった人たちの口コミでおすすめの箱根温泉の人気旅館をいくつかご紹介しますので、是非参考にしてみてください。口コミをもとにした人気旅館情報ですので、ハズレはないと思いますよ!

<箱根温泉口コミ人気旅館>

1:箱根湯本温泉 箱根の湯「花紋」

箱根温泉の口コミ人気旅館でも、必ずと言っていいほど名前があがるのが、この「花紋」。
箱根の山々に囲まれ、絶好のロケーションで温泉を満喫できるのが、人気の理由。十種類のお風呂には、桶風呂・洞窟風呂・つぼ風呂・寝湯・打たせ湯・箱蒸し風呂等などがあり、人気旅館に泊まりながら、様々なタイプの温泉を楽しめる。旬の新鮮な素材を板長の創作でアレンジした懐石は、口コミでも絶品と大評判。
 
    ⇒⇒⇒「花紋」の宿泊情報はこちらから
 
2:箱根小涌谷温泉 「水の音」

箱根温泉の中でも屈指の人気を誇る、宮ノ下温泉と小涌谷温泉の2つの源泉を楽しめるのがこの人気旅館「水の音」。1つの宿で2泉の湯めぐりを楽しめるところが、温泉ファンの口コミでも大評判。露天は岩・檜の2種。さらに寝湯やサウナもアリ。無料貸切風呂もあるので、カップルからの口コミも多い。

    ⇒⇒⇒「水の音」の宿泊情報はこちらから

3:「7th Heaven」
箱根温泉、仙石原のかけ流しのにごり湯を内風呂と露天風呂楽しめる。どちらも独立しているため、グループで旅行をする人たちの口コミ人気が高い。箱根で1、2の石屋さんが寝湯岩をダイナミックにアレンジして作成した露天風呂も、口コミで大絶賛。

   ⇒⇒⇒「7th Heaven」の宿泊情報はこちらから

以上、今日は箱根温泉の3つの口コミ人気旅館をご紹介しました。

この他にも、箱根温泉には数々の人気旅館がありますので、いろいろと調べてみてください。
おすすめは、口コミサイトです。実際、泊まった方の感想もわかるので、人気旅館の細かな情報がGETできますよ。

   ⇒⇒⇒箱根の温泉旅館の特集ページはこちらから



JUGEMテーマ:温泉に行こう
 

ハワイ旅行の持ち物

日本人のお正月の過ごし方で、毎年上位にランクインするのが、ハワイ旅行。
この不況の最中でも、やっぱりハワイ旅行は人気のようです。
ハワイ旅行は、リピーターも多く、日本人には大人気!
やはり、海外といいながら、日本語が通じるというのが、人気の理由です。
そのため、初海外がハワイ旅行という方も多いのだとか…

今日は、既にハワイ旅行に行く予定、またはこれからハワイ旅行に行こうかと考えている、海外旅行初心者の方のために、ハワイ旅行に行くときの、持ち物リストを作ってみましたので、よろしければ、皆さんの持ち物を揃える際の参考にしてみてくださいね。

<初心者のためのハワイ旅行持ち物リスト>

【絶対忘れてはならない持ち物】
・パスポート
・航空券(空港で受け取る場合は、持ち物リストからはずしてOK)
・海外旅行傷害保険証書
・現金または、トラベラーズチェック(全部換金せず、日本円を残しておくこと)
・旅行社から届いた旅の栞・旅程表など、一式

【持って言った方がよい持ち物】
・出入国カード(事前に用意しておかないと、空港で手間取ります)
・パスポートと健康保険証の控え(念のため)
・クレジットカード
・カメラ(予備の電池などもあると◎)
・ガイドブック
・薬(目薬、風邪薬やお腹の薬、絆創膏、擦り傷や虫さされ用の塗り薬など…)
※お財布
※ビーチサンダル(珊瑚の多い海が多数あるので、アクアシューズの方がおすすめ)
※水着
※シュノーケルセット(日本で安く手に入れた方が無難です)
※タオル
※着替え(洋服・下着類・靴下など)
※薄手の上着
※現地での持ち物を入れて歩く用のミニバッグ(肩掛けより、ショルダーやリュックの方が無難)
※洗面用具(ホテルによって用意されているアメニティグッズが異なるため、念のため持ち物リストに入れておきました)
※化粧品やクレンジングなど(女性)
※日焼け止めクリーム
※帽子・サングラス
※筆記具

※の持ち物は、万が一忘れてしまっても、現地で調達ができるので、持ち物リストに入れるか入れないかは、あなた次第です。敢えて、持ち物リストに入れずに、荷物を軽くして、現地でショッピングするのも、ハワイ旅行の醍醐味です。

   ⇒⇒⇒何かと便利なトラベルグッズの特集ページはこちらから



JUGEMテーマ:ハワイ
 

グアム旅行の持ち物

日本から3時間で着いちゃう、南国リゾートと言えば、そう。グアムですよね…
今、安くて近い南国、グアム旅行が再び脚光を浴びているようです。
3時間で着いちゃう南国リゾートだから、海外旅行の初心者の方も、グアム旅行参加者の中にはたくさんいるのではないでしょうか?

既にグアム旅行に行く予定、またはこれからグアム旅行に行こうかと考えている、海外旅行初心者の方のために、グアム旅行に行くときの、持ち物リストを作ってみましたので、よろしければ、皆さんの持ち物を揃える際の参考にしてみてくださいね。

<グアム旅行持ち物リスト>

・パスポート(絶対忘れてはならない持ち物)
・旅行社から届いた旅の栞・旅程表など、一式
・出入国カード(事前に用意しておかないと、空港で手間取ります)
・航空券(空港で受け取る場合は、持ち物リストからはずしてOK)
・海外旅行傷害保険証書
・パスポートと健康保険証の控え(念のため)
・現金または、トラベラーズチェック(全部換金せず、日本円を残しておくこと)
・クレジットカード
・お財布
・ビーチサンダル(珊瑚の多い海が多数あるので、アクアシューズの方がおすすめ)
・水着
・シュノーケルセット(日本で安く手に入れた方が無難です)
・タオル
・カメラ(予備の電池などもあると◎)
・着替え(洋服・下着類・靴下など)
・薄手の上着
・現地での持ち物を入れて歩く用のミニバッグ(肩掛けより、ショルダーやリュックの方が無難)
・洗面用具(ホテルによって用意されているアメニティグッズが異なるため、念のため持ち物リストに入れておきました)
・化粧品やクレンジングなど(女性)
・日焼け止めクリーム
・帽子・サングラス
・薬(目薬、風邪薬やお腹の薬、絆創膏、擦り傷や虫さされ用の塗り薬など…)
・筆記具(意外と必須な持ち物です)
・ガイドブック

以上がざっと考えた、グアム旅行の持ち物リストになります。
これが全ての持ち物ではないですし、人によってはグアム旅行中に必要ない持ち物もあるかと思いますので、微調整してみてください。

   ⇒⇒⇒何かと便利なトラベルグッズの特集ページはこちらから



JUGEMテーマ:GUAM
 

沖縄旅行の服装

冬の旅行といえば、寒い冬を避け、暖かい場所へ旅行に行く方も多いのではないでしょうか?
そんな方たちの中で、ダントツ人気なのが、沖縄旅行です。

でも、沖縄が暖かいと言っても、海に入れるのか?
服装はどんなものを用意して行けばよいのか?
意外とわからないですよね?

沖縄旅行に予約をしている方。これから、沖縄旅行を検討する方たちのために、沖縄の気候やふさわしい服装などについて、ちょっとご紹介しましょう。


まず、この時期の沖縄の気候ですが、気温は那覇で寒いときでも8℃程度。一見、暖かいように感じますが…海から吹いてくる冷た〜い北風が猛烈に吹くと意外と寒く感じます。

例えば、気温が15℃で北風の風速が7mだとすると体感温度は約8℃。実際の気温と体感温度にかなり差があるのがわかるかと思います。

服装についても、沖縄の冬は半袖や薄手の長袖だけで過ごせる日が多いのですが、まれにコートが必要なほど寒い日もありますので、要注意!暖かいからと言って、沖縄旅行に半袖の服装だけしか用意してこないと、カゼをひいてしまうかもしれません。

沖縄旅行の服装選びで重要なのは、薄手の服ならなるべく風を通しにくいモノを選ぶこと。上でお話したように、とにかく風次第で、体感温度が大きくかわりますので、臨機応変に対応できる服装を用意することをおすすめします。

例えば、基本は半袖や薄手の長袖シャツを数枚用意して、その上に羽織る、パーカーやトレーナー、薄手のコートなどを1枚用意していくのがよいかもしれません。上着は、すぐに脱ぎ着できる服装がおすすめです。

また、沖縄旅行中に、朝晩外に出る予定の方や、海で遊ぶ方、バイクに乗る予定がある方は、更に暖かい服装を用意しておくと安心です。




JUGEMテーマ:沖縄

 

卒業旅行 国内の人気スポット

大学の卒業式と言えば、はかまと卒業旅行ですよね〜♪
特に、卒業旅行は、学生として友達と行く、最後の旅行だから、絶対ハズしたくありませんよね!!
最近では、海外旅行よりも手軽に行けて、ハズレのない、国内旅行が卒業旅行でも人気なのだとか…

まだ、卒業旅行の行き先の決まっていないあなたのために…
卒業旅行で行きたい、国内旅行のランキングをご紹介しましょう。

<卒業旅行で行きたい国内旅行人気ランキング>

1位:沖縄
卒業旅行でなくても、国内旅行の人気スポットと言えば、沖縄ははずせません!
卒業旅行といえば、2月、3月に行くのがほとんどなので、沖縄が国内旅行のランキングに入るのも納得!キレイな海を見ているだけで、癒されますよね。

2位:北海道
1位とは反して、寒〜い北海道が2位。こちらも国内旅行の定番人気のスポットです。
寒くても、美味しいモノをたらふく食べたいという方。スキーやスノボを友達同士で、ワイワイ楽しみたいというアクティブな学生さんたちに人気です。

3位:ウィンタースポーツができるところ
2位に匹敵しますが…やはり、ウインタースポーツができるゲレンデは、卒業旅行で人気の国内スポットのようです。サークルやゼミのみんなと大勢でなんてのも、大学生ならではなので、大人数での卒業旅行をしたい方にはピッタリですもんね!


1位から3位…どれも卒業旅行でなくとも楽しめる国内旅行の人気スポットです。
あとは、一緒に行く友人たちとじっくりと相談して、最高の卒業旅行を楽しんでください!


JUGEMテーマ:卒業、卒園のこと

 

温泉の日帰りプラン

日帰り旅行なら…
冬休みの予定はもう決まりましたか?今から、予約できる旅行会社なんてないから、家でのんびり…なんて、弱気なあなたには、温泉日帰りプランがおすすめです。宿代も節約できるし、気軽に行けるのがイイ♪日帰り温泉プランなら、体も財布もぽかぽかですよ!

続きを読む >>

日帰りバスツアーでかにを食べる

日帰りバスツアーなら…
冬休みの予定はもう決まりましたか?今から、予約できる旅行会社なんてないから、家でのんびり…なんて、弱気なあなたには、日帰りバスツアーがおすすめです。宿代も節約できるし、気軽に行けるのがイイ♪冬休み日帰りバスツアーなら、予約もまだ間に合います!冬休みの日帰りバスツアーの中でも、イチオシなのが日帰りバスツアーでかにを食べるプラン。この日帰りバスツアーは、大人気のため、毎年予約でいっぱいです。

続きを読む >>

日帰りでバス旅行に

正月休みの予定はもう決まりましたか?

今から、予約できる旅行会社なんてないから、家でのんびり…なんて、弱気なあなたには、日帰りバス旅行がおすすめです。宿代も節約できるし、気軽に行けるのがイイ♪冬休み日帰り旅行プランなら、予約もまだ間に合います!

 

続きを読む >>

bolg index このページの先頭へ