blog index

ブログで人気・話題の情報

口コミで話題のものやランキングで人気なものなどについてお得な情報を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ナノイーのドライヤー

マイナスイオンドライヤーというのは、今や定番のドライヤー。
でも、今やマイナスイオンはもう古い?!
今、新たに話題を集めているのが、より強力なモイスチャー効果を持つというナノイードライヤーなんです!

このナノイードライヤーというのは、ナノイーイオン発生機能を搭載したドライヤーのこと。
パナソニックのドライヤー「ナノケア EH5441」が、そのナノイードライヤーに当たります。
 
このナノイードライヤーに搭載さえている「ナノイーイオン」とは、水分子に高電圧をかけることで発生する18nm(ナノメートル)の超微細なイオン微粒子のこと。約100個の水分子から構成されています。このナノイーイオンは、マイナスイオンと比較して、微粒子1個あたりの水分堆積がなんとq約1000倍!また、マイナスイオンのpH値が「中性」であるのに対し、ナノイーイオンは「弱酸性」という点も、美容機器の分野で注目を集めているポイントです。

このナノイードライヤーは、頭皮に潤いを与え、キューティクルを整えるだけでなく、水分量の多いナノイーイオン分子が地肌につくことで、毛穴を覆っている皮脂を親水性の高い成分に変え、通常は落ちにくい皮脂汚れもシャンプーなどで容易に落とせるようになるという効果があると言われています。

つまり、ナノイードライヤーは、マイナスイオンドライヤーよりも高い効果で、頭皮や髪に潤いを与えることができるというワケ。

価格は、15,000円前後で販売されています。ドライヤーとしては、決して安くはない価格ですが、髪の潤いや健康を考えるならば、このナノイードライヤーは決して、高すぎる買い物ではないといえるのではないでしょうか?

楽天では、同タイプは売り切れがほとんどですが、ナノイーの別タイプのドライヤーであれば
7,000円台で売られています。


JUGEMテーマ:生活家電

ナノイーの加湿器

エアコンやヒーターなどで、お部屋の乾燥が気になるこの季節。
今や、一家に一台なのが、加湿器ですよね。
でも、加湿器と言っても、いろんな種類があって、どれを買ったらいいか迷ってしまう…
そんなあなたに、今日はパナソニックのナノイー加湿器をご紹介しましょう。

ナノイーというのは、水に包まれている電気を帯びたイオンのことで、水に高電圧をかけると水が次々に分裂し、超微細な「ナノイー」が生まれます。電気を帯びているため通常の水蒸気と異なり、肌の皮脂成分となじみやすく、うるおいを高めることで注目されています。

パナソニックでは、加湿器にこのナノイー機能を搭載し、お肌の乾燥を防ぐだけでなく、ナノイーで潤いまで与えてしまおうというのが狙い。

このナノイーの加湿器は、FE-KXD05とFE-KXD07という2タイプが販売されており、を購入しました。FE-KXD05の方が、加湿能力が低くなっています。

電気代を気にされる方は、FE-KXD05をおすすめしますが、おやすみモードや省エネモードはFE-KXD07が電気代が少ないようですので、詳細を確認してからお選びください。

以前のナノイー加湿器は、スチーム式で、お部屋全体を加湿する能力がなかったのに対し、新しいナノイー加湿器では、お部屋を十分加湿する能力があり、お手入れも楽になっています。トレイは後ろから引き出して洗うことができるし、タンクも蓋が大きくて、中に手を入れて洗える構造になっていたりと以前のナノイー加湿器と比較して、大分改良されています。

価格は、家電量販店で、約23,000円前後。
楽天では、16,000円台で売られています。
パナソニック ナノイー加湿器
パナソニック ナノイー加湿器


1万円以下の加湿器が多数ある中では、ちょっと高い気もしますが、加湿だけでなく、ナノイー機能で、お肌の潤い効果も得られるのなら、決して高くはないのではないかと思います。

どうしても価格が気になる方は、ナノイー機能のないFE-KLD07、FE-KLD05というタイプの加湿器も販売されていますので、そちらをお調べください。1万円台で買えるので、加湿器の機能だけでよいという方には、おすすめです。
 
 
 
 

JUGEMテーマ:生活家電
 

インフルエンザの除菌対策法

この時期になると話題に上るのが、インフルエンザですよね。
今年も、流行の兆しが出ているそうですが、皆さんインフルエンザの対策は万全でしょうか?
一般的に言われているのは、インフルエンザには除菌対策が有効であるということ。

でも、インフルエンザの除菌対策って何をどうすればよいの…?
と思いますよね…そんな方に、インフルエンザの除菌対策法をちょっとご紹介しちゃいましょう。

続きを読む >>

女性保険のおすすめプラン

女性保険と一口に言っても、選びきれない程さまざまあります。
どれを選んだら良いか、迷ってしまったあなたに、女性保険のおすすめプランから選ぶポイントをいくつか簡単にご紹介しましょう。

女性保険のおすすめプラン情報をいくつか比較して、是非、自分にピッタリの女性保険を見つけてみてください。

それでは、たくさんある女性保険のおすすめプランの中から、自分に合ったプランを選ぶポイントについて下記を参照ください。

<女性保険おすすめプランを選ぶポイント>

1)入院保障が手厚くなる病気の範囲
一般的に女性保険の入院保障は、基本の入院保障にプラスして保障が手厚くなることが多く、女性保険のおすすめプランの中でも、比較して検討すべきポイントです。
特に、次のような場合に、保障が手厚くなる場合が多いので、どの範囲まで含まれるのかを比較してみてください。

a 女性特有の病気になったとき: 例)子宮筋腫・乳がん・子宮がん・卵巣のう腫など
b 女性特有の病気以外のがんになったとき: 例)肺がん・胃がん・白血病・骨肉腫など

2)死亡保障の追加の有無
女性保険のおすすめプランの2つ目の比較ポイントは、死亡保障について…多くは、入院保障のみで、死亡保障はオプションとして付けるという場合が、女性保険には多いため、チェックが必要です。

a 死亡保障があらかじめセットされているか? 
b 特約で死亡保障を付けられるか? 
c 死亡保障は付けられないか?

に分かれるのが、女性保険のおすすめプランのパターンになります。

3)ボーナスの有無
女性保険のおすすめプランの中には、10年間健康なら、10万円をもらえるなどの、ボーナス付きのものもあります。こういったボーナスを重視するかしないかも、女性保険のおすすめプランを選ぶポイントになります。

女性保険のおすすめプランの選び方のポイントとして、上記の3つのポイントを特色ごとに比較し、選ぶポイントに優先順位をつけることが一番重要です。どのポイントを自分が一番重視したいかで、女性保険のおすすめプランから、自分に合ったものを選ぶようにしてください。

JUGEMテーマ:保険

大掃除のコツ

大掃除はちょっとしたコツで、格段の差がでます。
大掃除のコツを知っているかどうかで、効率が変わってくるので、大掃除前にコツをしっかり勉強してから行うことをおすすめします。

大掃除のコツについて、いくつかご紹介しましょう。 

続きを読む >>

bolg index このページの先頭へ