blog index

ブログで人気・話題の情報

口コミで話題のものやランキングで人気なものなどについてお得な情報を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

失業保険(会社都合)を受け取るには

毎日、嫌なニュースばかりのこのご時世…
解雇や失業など…雇用状況は、暗くなっていく一方です。
そんな災難に見舞われた方。
新しい仕事を探すのに、忙しいかと思いますが、貰えるものはしっかり貰っておかないといけません。
そうです。失業保険のことです。

本来はお世話にならないほうがいいのですが、雇用保険料を給料から支払っていたのですから、失業保険は貰って当然のモノなのです。

初めての経験で、雇用保険について、失業保険について、よくわからない…
という方のために、雇用保険・失業保険について、少しお話しましょう。

基本的に、雇用保険・失業保険の受給資格は、雇用保険を支払っていた人が、失業していて、かつ、再就職の意志があることです。その条件を満たしていれば、だれでも雇用保険・失業保険の受給資格があります。

しかし、自己都合で会社を辞めた場合と会社都合で会社を辞めた場合では、雇用保険・失業保険の受給資格が大幅に変わってきますので注意が必要です。

ここで言う自己都合とは、女性が結婚や妊娠をきっかけに会社をやめる場合などのことです。
反対に、会社都合とは解雇の場合などです。残念ながら、最近のニュースを見る限りでは、この会社都合の場合が多いようですね…

解雇などの会社都合の場合、自分の意思とは反して、突然、仕事を失う訳ですから、特に、家族を扶養している場合は、日々の生活すらままならない状況になります。そのため、自己都合の場合より、会社都合の場合の方が、雇用保険・失業保険を受給する場合、手厚くなっているのです。

失業保険は、自己都合の場合、失業認定日から3ヶ月間待った後、保険料は90日分だけ支給されます。一方、会社都合の場合は、失業保険申請の翌月から、180日分も支給されます。

上記の比較からも、失業保険を受給する側は、会社都合の方が有利なワケです。
しかし、会社側からすると、会社都合で従業員を解雇するのは良いことではないため、会社都合の場合でも、雇用保険の書類上は、自己都合のように記載されている場合があります。

その際は、公共職業安定所(ハローワーク)に自己申請しないと会社都合として、失業保険を受け取れませんので、注意してください。

JUGEMテーマ:保険 

スポンサーサイト

<< 郵貯(ゆうちょ)の学資保険 | トップへ | 派遣社員の失業保険 >>

bolg index このページの先頭へ