blog index

ブログで人気・話題の情報

口コミで話題のものやランキングで人気なものなどについてお得な情報を紹介します。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

育児休暇の給付金をもらうには

出産を控えた働く女性にとって、育児休暇中のお手当ては、とっても重要ですよね。
でも、実際はわからないことばかり…調べる方法もわからない…というあなたに、
育児休暇中の給付金について、ちょっとご紹介しますので、参考にしてみてください。

あなたの所属している会社は、育児休暇は有給ですか?無給ですか?
育児休暇を取得できたからと言って、必ずしも有給であるとは限りません。
会社の方針によって、有給か無給かは異なってきますので、まずは会社の担当部署に確認してみてください。

残念ながら育児休暇中は、無給だったというあなた。
まだ諦めなくても大丈夫!
会社からは無給でも、雇用保険から育児休暇の給付金を貰える、制度があるんです!

その育児休暇の給付金は、会社員として働いている人が育児休暇をとり、休業中の給料が常時の8割未満にカットされた場合、雇用保険から支給されます。
「育児休業給付金」というのが正式名称です。

この給付金には、育児休暇中にもらえる「育児休業基本給付金」と、職場復帰後6ヶ月以上働くともらえる「育児休業者職場復帰給付金」があります。
「育児休業基本給付金」は産休明けから子どもが満一歳になるまでの最大10ヶ月、月給の3割がもらえます。「育児休業者職場復帰給付金」は産休明けから子どもが満一歳になるまでの最大10ヶ月、月給の1割がもらえます。

両方を並立すれば給付金は4割がもらえますので、たとえ会社の育児休暇が無給でも、安心ですよね。この育児休暇の給付金について、詳しい情報を知りたい場合は、勤務先の担当部署や直接はローワークに聞いてみてください。

育児休暇の給付金の申請や受け取りなどの手続き先も、勤務先またはハローワークになりますので、どちらに行けば良いのかも、勤務先の担当部署で確認してみてください。

JUGEMテーマ:マネー
 
 

スポンサーサイト

<< 細毛をボリュームアップするヘアケア法 | トップへ | レギンスの着こなし方 >>

bolg index このページの先頭へ